「測量計算サイト」について
「測量計算サイト」では、以下の項目について「1点毎の計算」あるいは「一括計算」することができます。
(項目名(計算種類)のリンクをクリックすることで各計算サイトに移動できます)

 No  計算種類 説明
1  緯度・経度と地心直交座標の相互換算 緯度、経度、標高、ジオイド高と地心直交座標(X,Y,Z値)との相互換算を行います。
2  距離と方位角の計算 緯度、経度から2点間の距離と方位角を求めます。
3  距離と方向角の計算 平面直角座標から2点間の距離と方向角を求めます。
4  平面直角座標への換算 緯度、経度から平面直角座標へ換算します。
5  緯度、経度への換算 平面直角座標から緯度、経度へ換算します。
6  世界測地系座標変換 (TKY2JGD) 日本測地系に基づく経緯度および平面直角座標を世界測地系に基づく経緯度および平面直角座標へ変換します。
7  PatchJGD 地殻変動前の座標値から変動後の座標値へ補正します。
注)使用に際しましてこちらもお読みください。
8  PatchJGD (標高版) 地殻変動前の標高値から変動後の標高値へ補正します。
注)使用に際しましてこちらもお読みください。
9  SemiDynaEXE 定常的な地殻変動による歪みの影響を補正するセミ・ダイナミック補正を行います。
注)使用に際しましてこちらもお読みください。
10  ジオイド高計算 ジオイドの計算には、日本の測地基準系に適合するジオイド・モデル「日本のジオイド 2011」(Ver.1)(GSIGEO2011(Ver.1))を使用しています。 (海域部や一部の離島等では、ジオイド高データがない無効領域があります。)
11  補正パラメータによる標高成果計算サイト 測量の地域や時期等を選択することで自動的に必要なパラメータを選択し、標高成果の補正計算を実施することができます。
注意事項
測量計算サイトを利用する際は以下の点に注意してください。

◆地図上での計算位置の選択について
  測量計算サイトでは、電子国土Webシステムの地図を用いて、計算位置を選択することができます。 地図上で取得される座標値は、地図自体の誤差および画像のピクセル位置、マウスカーソルの精度などのパソコンのシステム上の誤差により、必ずしも正確なものではなく、概算値として表示しています。公共測量等で使用する場合は、測量成果等の数値を直接入力して計算してください。

◆公共測量での利用について
  公共測量に当サイトの測量計算を使用する場合は、測量法による諸手続(公共測量実施計画書の提出等)を行ってください。 諸手続の詳細についてはこちらをご確認ください。

◆一括計算の点数について
  計算サーバの負荷を軽減させるため、一括計算の入力点数は30,000点を上限としています。 それ以上の点を計算される場合は、複数回計算を実行する必要があります。ご理解のほどお願いいたします。

◆動作環境について
  本サービスは以下の環境で動作を確認しております。(2013年7月10日)
<OS>
WindowsXP, Windows Vista, Windows7, Apple MacOS X 10.8, Linux(Redhat, CentOS)
< ブラウザ>
Internet Explorer 8, Internet Explorer 9, Mozilla FireFox, Apple Safari, Google Chrome
※Internet Explorer 10への対応については、現在検討しております。

緯度経度の単位選択における不具合について
  座標数値の入力欄に緯度経度を度分秒で入力した後、単位選択によって十進法度単位に換算する際に、正しい換算がされない場合があることが判明しましたのでプログラムの修正を行いました。修正前(平成26年1月17日以前)に緯度経度の単位選択機能を利用された場合、誤った緯度経度で計算が行なわれた可能性があります。お心当たりのある方は、当時の計算結果を再度ご確認ください。不具合の内容についてはこちらをご参照ください。
更新履歴
  • 2014年01月17日
  • 緯度経度の単位選択機能におけるバグを修正しました。

  • 2013年11月01日
  • 「距離と方位角の計算」プログラムの経緯度入力可能範囲を変更しました。

  • 2013年10月21日/10月24日
  • 「平面直角座標への換算」プログラムにおける入力値の有効桁数を変更しました。

  • 2013年09月20日
  • 計算速度を改善するため、サーバ及びプログラムの改良を行ないました。
  • 一括計算の入力点上限数を5,000点から30,000点に変更しました。

  • 2013年09月09日
  • アクセス集中によるプログラム動作速度の低下を改善するため、プログラムを一部改修しました。

  • 2013年08月23日
  • 一括計算の入力点上限数を5,000点に変更しました。

  • 2013年07月29日
  • Internet Explorer 7 で使用できるように改良しました。